冠詞のある言語 ない言語


 よほど英語が話せる人でも冠詞の使いこなしには苦労している。

 というか、冠詞が存在する言語において

 冠詞で悩んでいる限りは 実は 使いこなせていない のと同じ

 と考えたほうが早い

                ・・・と言われてます ( ´ ^ o ^



 ロシア語やチェコ語など、スラヴ語には冠詞がない。

 英語やドイツ語などゲルマン語にはある。

 ラテン語にも冠詞はない。

 ところが、ラテン語を始祖とする

 いわゆる 「ロマンス語」 には 冠詞がある。



 では ラテン語と現代ロマンス諸語の差は何か?

 ↓
 ラテン語の方が圧倒的に単語の語尾変化が多い


 大きな違いは 名詞の語尾変化

 ラテン語は多彩な語尾変化を使うことで

 単語の語順すらもかなりの自由度を持っている。

 これに対して 現代ロマンス語は

 名詞の格変化のほとんどを失って

 そのかわりに 動詞と名詞の関係とか

 名詞と形容詞の位置関係が より厳しく

 (より自由度を失って)決まっている。

 名詞の格変化を覚えるのは面倒なので

 その分 単語の位置関係で補おう という変化が

 フランス語やイタリア語やスペイン語が出来ていく過程で

 共通の変化として現れて・・・

 その中で 冠詞が登場して来たのだ。


 ということは

 語尾の変化をあいまいにしたまま喋っていると

 どっちがどっちか分からなくなってしまうので

  「ほら、あれだよ、あれ! さっきの ほれ〜」 (爆笑 ^ □ ^

 という会話の部分を凝集したのが 「冠詞」 だと

 考えればいいのじゃないかな?

  
 
 
 ま、 「冠詞論」という分野は、これだけで分厚い本が
 たくさん出版されている世界なので こんな簡単なもんじゃあ
 ないんでしょうけど、ね。。。。

                      ( ´  ^ _ ^  ヾ ヘヘッ
 

 【この記事 以上】

  
タグ:語学 冠詞
posted by なんばあエフ at 12:42 | 日記

チェコ語


 チェコ語の有名なフレーズです。

 Strč prst skrz krk!

  strč : strčit 「指を突っ込む」 の命令形

  prst : 名詞 prst 「指」 の対格 「指を」 (主格と同じ形)

  skrz : 「〜の中を通して」  英語の through

  krk :  名詞  「喉・首」

 訳 「指を喉に突っ込め」 


 なんだか子供が何かを誤飲したときのセリフのようですが、

 要は、見ての通り、

   子音だけでできている

 というところがポイントです。

 
 発音をあえてカナ書きすると

  ストゥルチュ プルストゥ スクルク クルク

 巻き舌の R が、「半母音」として働くので
 R の前後にあいまい母音(シュワー)が
 聞こえるような感じになります。 

 
 チェコ語でごく普通に起きる現象、というか

 そもそも子音だけでできた名詞が多いことったら・・・



 【この記事 以上】
 
posted by なんばあエフ at 21:15 | Comment(7) | TrackBack(3) | スラヴの言葉

ケベックのフランス語

 
 ひさびさの記事アップです。
 どうもノリが悪くていけません。 
 再挑戦の繰り返しですね。。。 (´; ≧ з≦ ヾ



 というわけで 
 今回は軽い記事で行ってみます。




 カナダは
 「多様な文化を受け入れる マルチ・リンガル
 (多言語)社会」 を国家作りの目標として、 
 英語とフランス語を公用語と定めています。

 憲法を筆頭に、各種の法律文章は
 すべてふたつの言語で残されます。

 そもそもは、カナダという国が独立する時に
 その国土の大部分が英国の実効支配化に
 あったのですが、もっとも先進的であった
 地域がフランス人の支配下にあったため、
 こんにちのケベック州はフランス系主体と
 なっています。

 使用される言語も 「仏語第一主義」です。

 何度も 「カナダからの独立運動」が、
 合法非合法を問わずに起きていますが、
 結局、経済的なつながりを考えると独立は
 不利だという多数の州民の意思が最後には
 勝っています。

 いままた独立賛成派が盛り返しているので
 このあとどうなるか、楽しみですね。。。

 さてこの地のフランス語ですが、やはり、
 周囲を圧倒的な英語に囲まれているため、
 フランス本土のフランス語とは
 かなり違う印象を受けます。

 実際、英語の単語が会話の中でごく自然に
 使われたり、英語特有のフレーズをそのまま
 フランス語に置き換えたり、実にさまざまです。

 たとえばこれ

   Isn't it beautiful?  「すごいでしょ?」

    →  C'est pas beautiful?
   

 発音上の大きな特徴は、「R」 の発音が、
 英語風で、人によっては巻き舌になるため、
 フランス語会話でもっとも個性的な音が
 聞こえてこない、という点です。

  
 こちらはケベックで作られている
 かなりハチャメチャなコントです。
 ↓
 http://www.tetesaclaques.tv/video.php?vid=30

 人間の目と口の映像をアニメに埋め込んでいる
 ため その動きはかなり “えぐい” です。 (爆

 サイトのタイトル têtes à claques は、
 「いかれた頭」という感じでしょうか。 
 怪しく “ヘン” です。

 上に挙げたビデオは、言葉は分からなくても
 すぐ分かります。どうぞお楽しみください。

 【この記事 以上】
  


   

posted by なんばあエフ at 14:59 | Comment(0) | TrackBack(2) | もいちど頑張る!フランス語

リンク集 いろいろ

  
 リンク集(3) いろいろ役立つ 楽しい情報を満載

 レーシック、保険、不動産情報、ゲーム情報など

  http://link-linguae.seesaa.net/article/28602690.html
 
 いずれも 直接・間接に掲載許可を得たものです。
 
posted by なんばあエフ at 17:02 | TrackBack(0) | リンク集

リンク集(2) キャッシング など

  
 リンク集 追加しました。 キャッシング関係です。

 http://link-linguae.seesaa.net/category/2337530-1.html
 
 いずれも直接・間接に許可いただいたものばかりです。
 

 ※「間接」とは、リンク集管理サイトやランキングサイトなどから
   許可を得た、という意味です。
 

posted by なんばあエフ at 16:44 | TrackBack(0) | リンク集

リンク集(1) グルメ 健康 サプリ など


 リンク集(1) 健康 グルメ サプリメント など


 http://link-linguae.seesaa.net/article/28601742.html


 直接・間接に許可いただいたリンクです。 

 

posted by なんばあエフ at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | リンク集

再開します

 
 PCのブラックアウト事件 ( ; ◎ 曲 ◎ ヾ
 
 ようやく復活させたら 定期的な暴走事件 (>o<
 
 で それも一段落して さあ再開と思ったら
 身内の不幸などありまして 長いこと空いてしまいました。。。 ( ; ▲ ; 
 
 なんとも気乗りのしない数ヶ月を過ごして ようやく再開にこぎつけました。
 
 当面 フランス語 ハンガリー語が中心になりますが
 どうぞよろしくお願いします。  m( . . )m
  
 
posted by なんばあエフ at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

フランス語の母音表

 
 フランス語の母音表です。
 表自体は国際音声学会(IPA)により定められたものです。
 青い丸で囲まれたものが フランス語で使われる母音です。
 さらに、赤い丸は フランス語で使用される 「鼻母音」です。
 
 french_vowels  
posted by なんばあエフ at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | もいちど頑張る!フランス語

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。